列島各地、午前中から猛暑日 気象庁、熱中症注意呼び掛け

 日本列島は13日、東日本を中心に気温が上昇し、午前中から最高気温が35度以上の猛暑日となる地点も出た。9日から連続して猛暑日を観測しており、気象庁は熱中症への注意を呼び掛けている。

 気象庁によると、日本列島付近は台風などの影響で南から暖かく湿った空気が入り込んだ上、高気圧が勢力を強めた。

 金沢市では午前8時台から35度以上に達した。日本海側の各地では、熱風が山を越えて吹き下ろすフェーン現象が起きて、新潟県湯沢町や富山県魚津市などで午前中から猛暑日となった。

 一方、九州では大気の状態が不安定になり、熊本県天草市では1時間に56・0ミリの大雨となった。

PR

PR

注目のテーマ