日本列島、きょうも猛暑 気象庁「熱中症対策を」

朝から強い日差しが照りつける中、通勤するサラリーマンら=14日、JR東京駅前 拡大

朝から強い日差しが照りつける中、通勤するサラリーマンら=14日、JR東京駅前

 日本列島は14日も各地で気温が上昇し、午前中から最高気温が35度以上の猛暑日となる地点も出た。気象庁は各地に高温注意情報を出し、水分補給や室内の温度管理など、熱中症への十分な対策を取るよう呼び掛けている。

 15日には日本の南海上を北上する台風11号を取り巻く雲がかかり始めるため、暑さのピークは14日の見込み。

 気象庁によると、日本列島は高気圧に覆われている上、台風などの影響で南から暖かい湿った空気が流れ込み、気温が上昇する状態が続いている。日本海側では、熱風が山を吹き下ろすフェーン現象も起きた。

 午前中、富山県では朝日町や高岡市などで35度台に達した。

PR

PR

注目のテーマ