熱中症か、3人死亡820人搬送 猛暑日99カ所、39・3度も

厳しい暑さとなった東京では、海辺で水遊びをする中学生の姿が見られた=14日午後、東京・お台場海浜公園(魚眼レンズを使用) 拡大

厳しい暑さとなった東京では、海辺で水遊びをする中学生の姿が見られた=14日午後、東京・お台場海浜公園(魚眼レンズを使用)

 日本列島は14日も気温が高い状態が続き、全国928の観測点のうち99カ所で最高気温が35度以上の猛暑日となった。最も暑かったのは群馬県館林市で39・3度。共同通信の集計では、少なくとも全国で計820人が熱中症とみられる症状で搬送され、うち高齢者3人が死亡した。

 埼玉県では、川越市の女性(83)が自宅で死亡。熊谷市でも男性(83)が庭で倒れ死亡した。東京都奥多摩町では男性(92)が畑で倒れ、病院で死亡が確認された。

 最高気温30度以上の真夏日は47都道府県全てで記録し、600カ所に上った。福島県伊達市39・1度など、観測史上最高を記録した地点も出た。

PR

PR

注目のテーマ