風雨の中、祇園祭・山鉾巡行 台風影響も決行

台風11号の影響で時折風雨に見舞われる中、行われた祇園祭前祭の「山鉾巡行」=17日午前、京都市 拡大

台風11号の影響で時折風雨に見舞われる中、行われた祇園祭前祭の「山鉾巡行」=17日午前、京都市

 京都・祇園祭は17日、前半のハイライト、前祭の「山鉾巡行」が行われた。台風11号の影響で実施が危ぶまれたが、暴風警報が出ていないことなどから、祇園祭山鉾連合会は同日午前5時に実施を決めた。

 朝から時折、風雨に見舞われたが、午前9時ごろ、祇園囃子が始まり、先頭の長刀鉾が出発。鉾には雨カバーがかぶせられ、稚児の内藤颯大君(10)が四条通に張られたしめ縄を一太刀で切り落とした。この日は23基の山鉾が参加した。

 河原町交差点では、10トン以上ある鉾が90度回転する「辻回し」があり、観客から拍手が起こった。京都府警によると、午前10時現在の人出は3万2千人。

PR

PR

注目のテーマ