近畿、中四国で運休続く 台風でJR在来線や航空便

 台風11号の影響で、近畿や中四国地方は17日も鉄道や空の便の運休・欠航が相次いだ。JR西日本は始発から京阪神発着の特急など一部在来線を運休。JR四国も全8路線が一時運転を見合わせた。新幹線は通常運行。関西空港や大阪空港発着の航空便も一部欠航した。

 JR西によると、京阪神発着では、「サンダーバード」上下14本など特急約110本を運休。普通列車も関西線など9路線が全部または一部区間で運転を見合わせるなどし、計約20万人に影響が出た。

 JR岡山駅では、発着する在来線全7路線が運休。ホームに入れず、運行再開を待つ人が改札口の外にあふれた。

PR

PR

注目のテーマ