性的マイノリティーの子 理解を 教育関係者が取り組み 当事者交え議論 研究大会

セクシュアルマイノリティーの子どもの状況と学校の役割について語る中塚幹也さん 拡大

セクシュアルマイノリティーの子どもの状況と学校の役割について語る中塚幹也さん

「多様な性」をテーマに特集した福岡市人権教育研究会の機関誌

 心と体の性が一致しないトランスジェンダーや同性愛などのセクシュアルマイノリティー(性的少数者)である子どもの場合、学校生活は心身への負担が大きい。悩みを抱えて孤立し、いじめや不登校につながるケースもある。そんな現状を理解し、支援しようという動きが教育関係者の間で活発になってきた。

 「気付かないだけで、実際は学級に1人か2人はLGBTの子がいると考えてください」。2月に熊本市で開かれた九州地区の性教育研究大会。「多様なセクシュアリティーを持つ子どもへの支援を考える」を主題に、当事者を交えてのパネルディスカッションがあった。

 LGBTは、同性愛のレズビアンやゲイ、両性愛のバイセクシュアル、トランスジェンダーの英語の頭文字。こうした性的少数者の人口比は3~5%程度とされる。思春期には、二次性徴による体の変化、男女別の制服やトイレ、恋愛感情の芽生えなどで性別への違和感が強くなったり、自己否定感に陥ったりしがちだという。

 性同一性障害(GID)学会理事長で岡山大学病院・ジェンダークリニックの医師、中塚幹也さん(51)によると、GIDと診断された人の約9割が中学生までに性別違和を感じていたという。また、患者1452人の分析では、自殺しようと考えた人が58%、不登校経験者は30%に上った。中塚さんは「治療でひげや声変わりを抑えることもできる。医療機関につなぐ意味でも学校の役割は重要」と強調した。

 パネリストとして参加した福岡県の大学に通う真さん(24)は、戸籍上は女性で心は男性。中学時代は制服のスカートが苦痛で、担任に申し出た。返ってきたのは「そんなわがままを言うと社会でやっていけないぞ」。以降、必死で気持ちを押し隠した。「誰にも言えず、死にたいと思う時期もあった」と振り返った。

 真さんがLGBTについて知ったのは19歳の時。友人に打ち明け、受け入れられたことで生きやすくなった。「もし、LGBTについて学校で学ぶ機会があれば、もっと早く人生が動き始めたと思う」と話した。

 ゲイと公表している福岡県の教員、豊さん(31)は自身の体験を交え、異性愛中心の社会で同性愛の子はいじめに遭ったり、将来像が描けずに悩んだりしていることなどを紹介。「教師は生徒の前でセクシュアルマイノリティーを否定する言動をせず、正しい知識を教えてほしい」と呼び掛けた。

 福岡市人権教育研究会も取り組みを進めている。2011年度から機関誌「Access」で、3回にわたって特集「多様な性について」を組んだ。基本的な知識、当事者や親の体験、学校現場で望まれる対応などについて詳しく紹介。昨年の夏期研究集会でも分科会を設けて議論した。事務局長で小学校教諭の大谷和弘さん(48)は「今まで声を上げられない人が多くて見過ごされてきた問題。まずは知ること、学ぶことから始めたい」と話している。

 ●多様な生き方教えて 差別的発言はやめて

 性教育研究大会で話し合われた学校生活での対応をQ&Aでまとめてみた。

   ×    ×

 Q どうやって情報を伝えればいいのですか。

 A 学級文庫にLGBTに関する本を置く▽新聞を使った学習の時間に他の記事と一緒にLGBT関連のものを紹介する▽象徴であるレインボーグッズを教室に置く-など、一緒に知ろうとする姿勢を見せて。

 Q 悩んでいるのに言い出せない子への対応は?

 A 知識がなければ自分が「そうかもしれない」とは認識できない。同性愛、異性愛、無性愛…。いろんな性のあり方があって、多様な生き方ができることを教えましょう。カミングアウト(公言)してもいじめの対象にならないような差別のない環境づくりも大切です。笑いのネタで「ホモ」「オカマ」などの言葉を使って傷つく子がいる。教諭自身はもちろん、子どもたちの差別的な発言も注意してやめさせること。

 Q 健康診断や修学旅行での入浴などでの対応は?

 A LGBTでなくても、やけどがあるなど体を見せたくない子もいます。健康診断の時間や場所をずらしたり、個室のシャワーを使えるようにしたりするなどの対応を。特別扱いされたくない子もいるので、みんなに「個別の対応もできるよ」と提案してほしい。

=2013/03/26付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ