北日本で激しい雨の恐れ 土砂災害に注意

 気象庁は18日、台風11号から変わった熱帯低気圧の影響により、北日本を中心に19日朝にかけて激しい雨が降る恐れがあるとして、河川の増水や低地への浸水、土砂災害に注意を呼び掛けた。

 気象庁によると、日本海から北東へ移動した熱帯低気圧に向かって南から暖かい空気が流入し、北日本や東日本では大気が不安定になっている。このため、北日本を中心として局地的に1時間に30ミリ以上の激しい雨となる可能性がある。

 台風11号は18日未明に日本海で熱帯低気圧に変化。各地で大雨となった西日本では地盤が緩んでいる場所があるため、その後も土砂災害などに注意が必要とした。

PR

PR

注目のテーマ