中国、近畿、東海梅雨明け 各地で気温上昇

梅雨明け翌日の「海の日」、東京・お台場海浜公園で水遊びをする子どもたち=20日午後 拡大

梅雨明け翌日の「海の日」、東京・お台場海浜公園で水遊びをする子どもたち=20日午後

 気象庁は20日、山口県を除く中国、近畿、東海の各地方が梅雨明けしたとみられると発表した。いずれも平年より1日早い。中国と近畿は昨年と同じ、東海は昨年より1日早い。中国、近畿、東海では今後1週間、高気圧に覆われ晴れる日が多くなる見込みで、梅雨明けと判断した。

 既に沖縄、鹿児島県の奄美、九州南部、関東甲信の各地方が梅雨明けしており、山口県を含む九州北部と四国、北陸、東北が梅雨明けしていない。

 「海の日」の20日は午前中から各地で気温が上昇し、気象庁によると、小松(石川)が37・3度など、計30地点で最高気温が35度以上になる猛暑日となった。

PR

PR

注目のテーマ