【おなかの命は… 不育症】<3>癒えぬ傷 体験者が支え

 ■こんにちは!あかちゃん 第5部■
 
 《5回の流産と3回の死産。10年以上、不育症と向き合ってきました。生まれてこなかった魂はどこへ行くの? こんなに努力したのに報われないの?
 考えない日はありません。私って欠陥品なのかな…》

 福岡県内で暮らす裕子さん(44)=仮名=は、血栓ができやすいために流産を繰り返すと診断された。治療薬を飲み、自己注射もした。そのかいあって2003年に長男(10)を出産。その後もきょうだいをつくってあげたい一心で治療を続けた。

 06年冬のこと。7カ月まで順調だった。ところが、診察を受けているうちに、医師の顔がどんどん険しくなっていく。聞かなくても結果は分かった。

 陣痛を起こし、亡くなった胎児をおなかから出さないといけない。「ママと一緒に頑張ろうね」。4時間半かかった。850グラムの男の子。家族で火葬した。残ったお骨はわずかだった。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ