西日本、北海道で雨に注意 関東、東北は猛暑日に

 南から湿った空気が流れ込んだ影響で大気の状態が不安定になり、九州南部や四国、北海道を中心に非常に激しい雨が降る恐れがあるとして、気象庁は22日、河川の氾濫や土砂災害に注意を呼び掛けた。一方で関東や東北の各地で猛暑日となることが予想され、熱中症への注意が必要だ。

 気象庁によると、太平洋高気圧を暖かく湿った空気が回り込み、北海道付近に停滞している前線に向かって流入。22日早朝の1時間雨量は、宮崎県日南市で49ミリ、北海道留萌市で32・5ミリを記録した。

PR

PR

注目のテーマ