語れぬ被爆を癒す 理解へ対話の場

 被爆者団体が存続の危機に直面する一方で、被爆の体験を口にしないまま亡くなっていく被爆者も少なくない。なぜ語ろうとしないのか、胸の内に迫ろうと、被爆3世の山下弥恵さん(28)=福岡県宗像市=は臨床心理の面から研究を続けている。被爆した祖母と身近に接してきた3世だからこそ理解したい-。そんな思いで。

PR

PR

注目のテーマ