忘れぬ平和、演じる 原爆の日の授業減る今こそ

 広島、長崎に原爆が投下された8月6、9日を夏休みの登校日とし、平和学習を行う小中学校が福岡県で減っている。そんな中、筑紫野市の二日市中は8月6日を登校日とし、生徒が脚本を書き、演じる平和劇の上演を続けている。原爆投下の日に戦争と平和について考える意味とは何か。平和学習の今を探った。

PR

PR

注目のテーマ