7日に宮古や八重山へ 台風13号、海は大しけ

 非常に強い台風13号は5日、日本の南海上を西寄りに進んだ。勢力を維持し、7日には沖縄県の宮古島地方や八重山地方に接近する恐れがある。6日には沖縄県の沿岸で次第に大しけになるとして、気象庁が注意を呼び掛けている。

 気象庁によると、6日に予想される沖縄県の最大風速は15メートル(最大瞬間風速25メートル)。波の高さは5~6メートル。宮古島地方や八重山地方では、積乱雲が発達し、落雷や突風、急な強い雨になる可能性がある。

 台風13号は6日午前0時現在、沖ノ鳥島近海を時速20キロで西へ進んだ。

PR

PR

注目のテーマ