大型台風13号、午後に沖縄接近 気象庁、警戒呼び掛け

 大型で非常に強い台風13号は7日、沖縄の南を西寄りに進んだ。勢力を保ったまま、7日午後には沖縄県の宮古島地方や八重山地方に接近する見込みで、気象庁は暴風や高波、土砂災害への警戒を呼び掛けている。

 気象庁によると、8日にかけ沖縄県で予想される最大風速は30メートル(最大瞬間風速45メートル)。波の高さは沖縄県で12メートル、鹿児島県の奄美地方で6メートル。

 沖縄県では雷を伴って1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るところがあり、多いところで8日午前6時までの24時間に200ミリの雨量が予想される。浸水や河川の増水に注意が必要だ。

PR

PR

注目のテーマ