猛暑日続く、70カ所で記録 北海道、東北では大雨も

 日本列島は11日も高気圧に覆われ、厳しい暑さが続いた。最高気温が35度以上の猛暑日の地点は70カ所で、猛暑日を含めた真夏日は590カ所を超えた。一方、北海道や東北では大気が不安定になり、局地的に大雨が降った。

 気象庁によると、最高は宮崎県西米良村で37・4度。岐阜県多治見市では37・3度、大分県豊後大野市では37・2度を記録した。東京都心は35・5度で、7日以来の猛暑日になった。

 北海道では南から暖かく湿った空気が入り込み、気象庁の解析では、午後4時半までの1時間に弟子屈町南部付近で約100ミリ、標茶町北部付近で約90ミリなど猛烈な雨となる地点が出た。

PR

PR

注目のテーマ