長崎、局地的に猛烈な雨 五島列島「50年に1度」

 気象庁は12日、長崎県で局地的に猛烈な雨が降り、土砂災害や河川の増水に厳重に警戒するよう呼び掛けた。五島列島では50年に1度の記録的な大雨と発表。長崎市は約1100人に避難勧告を出した。

 気象庁によると、対馬海峡に延びている前線の影響で大気の状態が不安定になっている。同県西海市で1時間に93・5ミリの猛烈な雨を、長崎市と小値賀町でそれぞれ79・0ミリを観測した。

 気象庁のレーダー解析によると、五島市と新上五島町で、午前6時までの1時間にそれぞれ約110ミリの猛烈な雨が降ったとみられる。

PR

PR

注目のテーマ