広範囲で局地的大雨に警戒 大気が不安定

 気象庁は17日、西日本から北日本の広い範囲で大気の状態が非常に不安定になり、18日にかけて局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降る恐れが続くとして、浸水や河川の増水、土砂災害に警戒を呼び掛けた。

 17日午前、三重県桑名市で1時間に76・0ミリ、長崎県松浦市68・5ミリ、愛知県蟹江町60・5ミリなどと非常に激しい雨を観測した。

 気象庁によると、18日にかけて前線が太平洋側を北上、日本海側では低気圧が発生し北東に進む。暖かく湿った空気が入り込み、大雨や落雷、激しい突風になる可能性がある。

PR

PR

注目のテーマ