比、台風15号で5人死亡 土砂崩れ発生

21日、フィリピン北部ルソン島バギオで、台風15号で道路に倒れた木々を片付ける作業員(ロイター=共同) 拡大

21日、フィリピン北部ルソン島バギオで、台風15号で道路に倒れた木々を片付ける作業員(ロイター=共同)

 【マニラ共同】非常に強い台風15号は22日、フィリピン北部ルソン島沖を北向きに進み、同国では強い雨の影響で土砂崩れが発生するなどして22日までに5人が死亡、2人の行方が分からなくなっている。

 台風15号は23日以降、強い勢力を保ったまま沖縄県・先島諸島を通過し、沖縄本島や九州南部に向かう見通し。

 フィリピン国家災害対策本部によると、北部マウンテンプロビンス州で発生した土砂崩れでは、男児(10)が自宅ごと土砂に埋まり死亡。ベンゲット州では避難所が土砂崩れに見舞われ、男性2人が死亡した。

PR

PR

注目のテーマ