鹿児島・桜島で爆発的噴火 8月14日以来

 鹿児島地方気象台によると、2日午前11時50分ごろ、鹿児島市・桜島の昭和火口で爆発的噴火があった。噴煙は火口から700メートルに達しているが、気象台はごく小規模な噴火としている。爆発的噴火は8月14日以来で、今年に入り692回目。

 桜島では8月15日に噴火警戒レベルが3(入山規制)から4(避難準備)に引き上げられ、9月1日に3に戻った。この間、爆発的噴火はなかった。

PR

PR

注目のテーマ