台風18号、上陸の恐れ 太平洋側は大雨警戒を

 台風18号は8日、日本の南海上で北上を続けた。9日には日本にかなり接近し、その後上陸する恐れがある。気象庁は、関東から九州の太平洋側を中心に、接近前から猛烈な雨に警戒するよう求めた。暴風や高波にも警戒が必要だ。

 気象庁によると、列島付近に停滞する前線に湿った空気が流れ込み、大気の状態が不安定になる。台風が予報円の中心を進んだ場合、紀伊半島に上陸する見通し。同庁は竜巻などの突風や落雷にも注意を呼び掛けている。

 台風18号は8日正午現在、小笠原諸島・父島の西北西約430キロを時速25キロで北へ進んだ。中心気圧は990ヘクトパスカル。

PR

PR

注目のテーマ