関東甲信、東北で大雨警戒 台風18号は温帯低気圧に

茨城県筑西市の水位観測所のライブカメラに映し出された、増水した鬼怒川(国交省関東地方整備局のホームページより) 拡大

茨城県筑西市の水位観測所のライブカメラに映し出された、増水した鬼怒川(国交省関東地方整備局のホームページより)

 台風18号は9日、東海や北陸地方を縦断して日本海に抜け、同日夜、温帯低気圧に変わった。関東甲信や東北は湿った空気が流れ込み大気が不安定な状態で、10日にかけて大雨が続く恐れがある。気象庁は土砂災害や浸水、落雷や突風などへの警戒を求めている。

 9日午後には、神奈川県三浦市で1時間51・0ミリ、茨城県下妻市で1時間に50・5ミリなどの大雨が降った。栃木県日光市付近では7日の降り始めからの総雨量が400ミリを超え、50年に1度の大雨が降り、気象庁は10日未明、同県に特別警報を発表した。

PR

PR

注目のテーマ