阿蘇山は「マグマ水蒸気噴火」か 60キロ先、福岡にも降灰

熊本県・阿蘇山中岳の噴火で、周辺の道路を封鎖する警察官と降灰=14日午後5時18分 拡大

熊本県・阿蘇山中岳の噴火で、周辺の道路を封鎖する警察官と降灰=14日午後5時18分

 気象庁は14日、阿蘇山・中岳第1火口(熊本県)の噴火は、地中のマグマに触れた地下水などが水蒸気になって爆発する「マグマ水蒸気噴火」の可能性が高いと発表した。降灰は火口から約60キロ離れた福岡県筑後市や約50キロ先の熊本県玉名市、約40キロ先の熊本市西区でも確認された。

 気象庁は、火口から2キロの範囲では大きな噴石が飛んだり、火砕流が発生したりする恐れがあるとして警戒を呼び掛けている。

 気象庁などによるヘリコプターからの調査では、火口の北東側約1キロ、南東側約1・3キロの範囲が変色していた。温度がやや高い領域があり、火砕流の痕跡の可能性があるとみている。

PR

PR

注目のテーマ