長崎「ペコロスツアー」 漫画の舞台巡り 心温か 介護、家族…語り合い

参加者と雑談しながら長崎の街をそぞろ歩く岡野さん(右) 拡大

参加者と雑談しながら長崎の街をそぞろ歩く岡野さん(右)

 認知症の母との日々を描いた漫画「ペコロスの母に会いに行く」(西日本新聞社)の作者、岡野雄一さん(63)が、漫画の舞台の地元・長崎市を案内したバスツアーに同行した。参加者の多くは年配の女性で、親の介護の経験者も。ガイド初体験の岡野さんは、坂道で手を引くなど気さくに案内し、温かみのあるツアーとなった。

 5月21日、福岡市を出発した一行40人は、長崎市内が一望できる高台のホテルに到着。岡野さんは地元ライターの下妻みどりさん(42)とトークを交わしながら、ギターの伴奏付きで長崎ならではの題材を扱った漫画をスライドで紹介。幼友達の自殺をテーマにした「ビー玉」という題の漫画を見せ、「そんな簡単に死ぬな。だまされたと思って(自分のように)ハゲるまで生きてみろよと子どもたちに言いたい」と訴えた。

 下妻さんは「坂の街に並ぶ家やお墓や緑…。いろんなものが混じり合った長崎ならではの風土が、岡野さんの作風を作っている」と指摘。創作のきっかけについて岡野さんは「しっかり者の母が認知症になり、くしゃくしゃと童女のように笑う姿がかわいくて、漫画に描き始めた」と述べ、「ぼけるのは悪いことばかりじゃない。90歳の母から学ぶことは今も多い」と、参加者に語りかけた。

 しっぽく料理の昼食を終えた一行は、まず諏訪神社へ。岡野さんが子どものころ母に連れられて父の会社の船の進水式を見物し、十数年前には徘徊(はいかい)が始まった母を何度か探しに来た場所だ。平均年齢が高めの一行は長い石段に四苦八苦。岡野さんは「皆さん、ゆっくりでいいですよ」と呼びかけ「まるでヘルパーさんの気分」と笑わせた。

 中通り商店街では、和菓子や漢方薬など昔ながらの店が立ち並ぶ路地を散策し、眼鏡橋にも立ち寄った。最後に遊覧船を貸し切り長崎港を約1時間クルーズ。岡野さんが船内でギターの弾き語りを披露し、「僕のおやじが酔っ払って落ちた海はあの辺り」などと父母との思い出を語った。

 愉快なツアーを終えた参加者の胸にはさまざまな思いが去来した。福岡県太宰府市の塩田尚士郎さん(70)は、妻の真理子さん(63)に誘われ、初めて団体ツアーに参加した。「ずっと会社人間でやってきたが、岡野さんの温かい生き方に触れ、新しい世界を知った気がする」。同県古賀市から友人同士で参加した柴田キヤ子さん(80)と上田キヨカさん(71)は「お母さんの心情が良く描けている。こんなおばあちゃんになりたい」と声をそろえた。

 参加者最高齢の黒田往子さん(84)=同県直方市=は認知症の夫と母を介護した経験がある。「岡野さんの漫画を読み、介護の苦労を思い出したり、今の自分もこんなやな、と笑ったり。作品の明るさに共感する」とほほえんだ。福岡市中央区の木下満理さん(47)は、岡野さんが母とおでこをくっつけ合う漫画のシーンが好きだ。「田舎で母が独り暮らし。帰って面倒を見てあげたいが、自分の生活もあり難しい。それでもいつかは岡野さんのような心境になりたい」と、帰りのバスに乗り込んだ。

 ●漫画家協会賞優秀賞の岡野さん 「中高年の“ハゲみ”に」

 岡野雄一さんが「ペコロスの母に会いに行く」で、第42回日本漫画家協会賞優秀賞に選ばれた。21日の表彰式を前に感想を聞いた。

 -この作品が、介護につきまとう暗いイメージを変えたという評価も多い。

 「僕は介護といえるほどのことはしていなくて、少しとぼけた母との日常を面白く描いているだけ。たまたま今の高齢化の時代と作品の内容がうまくマッチしたのだろう。ただ、読み終えた人の心に温かい気持ちが残ってくれれば、と願って描いている」

 -歴代の優秀賞受賞者は「ドラえもん」の藤子不二雄さん、「ガラスの仮面」の美内すずえさんら、そうそうたる顔ぶれだ。

 「そんなすごい方たちの中に僕が入っていいのかな。戸惑うばかりだ」

 -63歳での受賞だが。

 「還暦を過ぎるまで、地方で鈍重に続けてきたことへのご褒美と思いたい。ペコロス頭の僕の受賞が、中高年世代への“ハゲみ”になればうれしい」

 -漫画家協会の元九州支部長、ばんば三郎さん(元西日本新聞絵画課長)が推薦人だった。

 「ばんばさんから『君は表彰式に普段着で行くのかい』と聞かれ、『そのつもりですが』と答えたら、じっくり諭された。ばんばさんをはじめ、九州で漫画の道に頑張ってこられた多くの先輩のおかげで頂ける賞だと、感謝している」
 -今後の目標は。

 「これからも母をグループホームに訪ねながら、作品のパート2をじっくり描きためていく。ずっと長崎に住み、この街の風や色、匂いを発信したい」

=2013/06/13付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ