東日本の太平洋側で大気不安定 気象庁は雷、突風に注意

 気象庁は18日、前線を伴った低気圧の影響で、東日本の太平洋側では19日明け方にかけて大気の状態が非常に不安定になるとして、落雷や激しい突風、急な強い雨に注意するよう呼び掛けた。

 18日は九州付近にあった低気圧は19日にかけて、日本の南岸を発達しながら東へ移動していく。南から暖かく湿った空気が入り、太平洋側では大気が不安定になる。

 18日午前には、鹿児島県鹿屋市で1時間に47・5ミリ、宮崎県都城市で38・5ミリなどの激しい雨を観測した。

 気象庁は、真っ黒な雲が見えたり、空でゴロゴロと音がしたりした場合は、建物内に入るなど安全を確保するよう求めている。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ