低気圧通過で冬型強まる 強風や大雪の恐れ

 気象庁は27日、発達した低気圧が通過する影響で28日にかけて冬型の気圧配置となり、北日本から北陸にかけて非常に強い風が吹くほか、北海道では大雪となるとして、警戒を呼び掛けた。朝には鹿児島県の桜島でも冠雪を記録するなど、西日本までの広い範囲で雪が降る恐れがある。

 気象庁によると、日本海で発達した低気圧が28日にかけて北日本を通過する。上空には、この時期としては強い寒気も流れ込むため、日本海側を中心に大気が非常に不安定な状態となる。

 27日朝には、北海道の襟裳岬や山形県の飛島で瞬間風速30メートル以上を記録。愛媛県宇和島市でも同25メートル以上となった。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ