台風4号、沖縄・先島諸島へ 九州方面に向かう恐れ

 熱帯低気圧から変わった台風4号は18日、フィリピンの東海上を北寄りに進んだ。19日から20日にかけて沖縄県・先島諸島に近づく見通し。その後は九州方面に向かう恐れがあり、気象庁が強風や高波に注意を呼び掛けた。

 気象庁によると、台風4号は18日午前9時ごろに発生。先島諸島では19日明け方から、沖縄本島では昼前から風が強まる。海上はうねりを伴い次第にしけるという。

 19日に予想される最大風速は、沖縄本島18メートル(最大瞬間風速30メートル)、宮古島地方と八重山地方20メートル(同30メートル)。波の高さは5~6メートル。

PR

PR

注目のテーマ