19日朝から大雨の恐れ 九州、梅雨前線活発化で

 朝鮮半島付近にあった梅雨前線が活発化し、南下する影響で、九州地方は北部を中心に、19日朝から20日にかけて局地的に雷や突風を伴う非常に激しい雨が降り、大雨になる恐れがある。

 福岡管区気象台によると、18日午後6時から19日午後6時までの1時間雨量は、多いところで長崎県50ミリ、福岡、佐賀、熊本、大分4県が40ミリ。24時間雨量では長崎県が150ミリ、福岡、佐賀、熊本、大分4県は100ミリになる見込み。

 20日にかけて雨量はさらに増える見通しで、同気象台は土砂災害や浸水、河川の氾濫に警戒を呼び掛けている。

 一方、福岡市と鹿児島市は18日の最低気温が25度以上の熱帯夜となった。九州では今年初めてで、6月の熱帯夜は2011年以来、2年ぶり。

=2013/06/18 西日本新聞=

PR

PR

注目のテーマ