台風4号が九州上陸の恐れ 大雨、土砂災害に警戒を

 台風4号の北上に伴い、九州北部に停滞する梅雨前線が活発となるため、九州地方は20日から21日にかけ局地的に大雨が降ると予想され、福岡管区気象台は土砂災害や河川の増水などに警戒を呼び掛けている。台風は21日朝、九州に上陸する恐れがあるという。

 同気象台によると、20日正午までの24時間の最大降水量は、長崎県対馬市美津島町で220・5ミリとなり、6月の観測史上最大を記録。ほかに大分県日田市(椿ケ鼻)101ミリ▽熊本県・阿蘇山84・5ミリ▽福岡県宗像市54ミリ▽北九州市小倉南区52ミリ▽福岡市17ミリ-など。

 21日午前9時までの24時間予想雨量は多いところで、大分、宮崎、鹿児島3県が150ミリ、福岡、長崎、佐賀、熊本4県は120ミリ。

 台風は20日午前9時現在、中心気圧は994ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートル。九州南部は20日夕から、同日夜遅くには熊本、長崎両県の一部が風速15メートルの強風域に入るとみられる。

=2013/06/20 西日本新聞=

PR

PR

注目のテーマ