西日本の大雨、峠越す 台風4号は温帯低気圧に

活発な梅雨前線の影響で断続的に雨が降る中、傘を差し歩く女性たち=21日午後、和歌山県那智勝浦町 拡大

活発な梅雨前線の影響で断続的に雨が降る中、傘を差し歩く女性たち=21日午後、和歌山県那智勝浦町

 活発な梅雨前線の影響で、21日は西日本(近畿、中四国、九州)を中心に雨が続いた。気象庁は21日夕「大雨の峠は越えた」と発表。これまでの大雨で地盤が緩んでいるため、土砂災害に警戒するよう呼び掛けた。低い土地の浸水や河川の増水にも注意が必要だ。

 一方、台風4号は21日午前9時、九州の西海上で温帯低気圧に変わった。低気圧は九州から伊豆諸島に停滞する梅雨前線上を東に進む。

 気象庁によると、高知県馬路村では21日未明までの24時間雨量が、6月の月間雨量平年値の半分以上に当たる354・5ミリを記録。和歌山県南部でも24時間雨量が300ミリを超えた所があった。

PR

PR

注目のテーマ