最も強い寒気、大荒れ予報 沖縄上空で氷点下6度

 気象庁は23日、日本列島に今季最も強い寒気が入る影響で、24日は全国的に非常に風が強く、西日本(近畿、中四国、九州)や北陸を中心に大雪や暴風の大荒れになる恐れがあるとして警戒を呼び掛けた。交通の乱れ、雪崩、農作物の被害、水道管凍結などに注意が必要だ。

 西日本では、23日午後7時までの24時間に広島県北広島町で32センチ、島根県浜田市で25センチなどの降雪を観測した。

 気象庁によると、24日夜には沖縄本島付近の上空1500メートルでも氷点下6度の寒気が入る。西日本を中心に気温が平年より大幅に下回る見込みで、24日の予想最高気温は福岡市0度、鹿児島市4度。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ