桜島で5日以来の爆発的噴火 噴煙2500メートル

 8日午前8時40分ごろ、鹿児島市の桜島で爆発的噴火が起きた。5日夜に約5カ月ぶりに観測されて以来で、今年2回目。噴煙は5日の約2200メートルを上回る約2500メートルに達した。鹿児島地方気象台は「昨年頻発していた噴火と同規模で、今後も継続する可能性がある」と注意を呼び掛けている。

 気象台によると、爆発的噴火があったのは5日と同じ昭和火口で、大きな噴石が800~1300メートル程度飛んだ。7時10分ごろと9時40分ごろにも小規模な噴火が確認された。より大規模な噴火の兆候を示すデータはないという。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ