太平洋側で大雨、強風 低気圧が列島を北上

 日本列島は20日、急発達しながら北上した低気圧に暖かく湿った空気が入り、太平洋側を中心に大雨や強風に見舞われた。低気圧は21日朝には千島列島まで進み、日本列島は西高東低の冬型の気圧配置に変わる見込みだ。

 気象庁によると、20日、鹿児島県奄美市では1時間に44・5ミリ、宮崎県日南市40・5ミリ、三重県尾鷲市36・5ミリ、高知県黒潮町と徳島県海陽町でともに33・0ミリなどを観測し、大雨となった。

 夜には、20日午後8時すぎまでの1時間に千葉県大多喜町で19・0ミリとなるなど東日本で雨が強まった。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ