鹿児島トカラ列島付近に海底火山 海上保安庁が発見

鹿児島県南方のトカラ列島付近で見つかった海底火山付近の海底地形図。直径(点線)約1・6キロの小型カルデラと中央火口丘(矢印)がある(海上保安庁提供) 拡大

鹿児島県南方のトカラ列島付近で見つかった海底火山付近の海底地形図。直径(点線)約1・6キロの小型カルデラと中央火口丘(矢印)がある(海上保安庁提供)

 海上保安庁は27日、鹿児島県南方のトカラ列島・宝島(十島村)の北25キロ付近で、未知の海底火山を発見したと発表した。火山活動を示す海水の変色などは確認されておらず、船舶の航行に影響はないという。

 同庁海洋情報部によると、4~5月の海底地形調査で、直径約1・6キロの小型カルデラと中央火口丘が見つかった。中央火口の最も浅い所で水深282メートル、火口のうち最も深い所で水深453メートル。

 トカラの中之島や諏訪之瀬島などには、活発な活動を続ける火山があり、海域調査を続ければ、さらに海底火山が見つかる可能性がある。

PR

PR

注目のテーマ