結核の薬が認知症を予防 マウスで確認、大阪市立大

 結核やハンセン病などの治療に使われる薬剤「リファンピシン」に認知症を予防、改善する作用があることを、大阪市立大や金沢大、富山大のチームがマウスで確かめ、英科学誌ブレイン電子版に29日発表した。

 大阪市立大の富山貴美准教授(脳神経科学)は「症状が出る前から服用し、人で認知症を予防できるかを確かめる医師主導治験を実施したい」と話した。

 認知症にはアルツハイマー病やレビー小体型認知症などがある。「オリゴマー」と呼ばれる特殊なタンパク質の集合体が脳内に蓄積し神経細胞を死滅させるとされるが、詳しい仕組みはよく分かっていない。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ