ジカ熱、国内感染確率は16% ただし五輪の影響ない場合

 中南米で流行が広がるジカ熱の感染が日本国内で起こる確率は今年末までに16・6%だとする推計値を北海道大などのチームがまとめ、5日付の英科学誌に発表した。今年夏のリオデジャネイロ五輪・パラリンピックの影響がない想定での予測で、ブラジルとの人の往来が増えれば確率は上がる可能性がある。

 試算した西浦博・北大教授は、通常の状況では国内感染が起こる可能性は低いとして「国内での感染を過度に心配するより、妊婦への渡航の注意喚起を徹底すべきだ」としている。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ