東京都がデング熱防止で蚊を調査 都内の公園、ジカ熱も

 デング熱などの感染症の流行を防ぐため、東京都は12日、都内の公園で18日から蚊を捕獲し、ウイルスの保有調査を始めると発表した。期間は11月までで、今年からジカ熱の検査も加える。

 都によると、代々木公園や上野公園など利用者の多い9施設から始め、捕集装置や虫捕り網を使って蚊を採取する。側溝に幼虫が成長するのを防ぐ薬剤もまく。

 都は例年、6月から公園など16施設で調査をしていたが、2014年夏にデング熱が流行したため、昨年は調査場所を9カ所増やし時期も早めた。今年も同様の対策を取る。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ