日銀総裁、熊本地震で連携指示 熊本支店は通常通り営業

 【ワシントン共同】日銀の黒田東彦総裁は14日、20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議に出席するため訪れている米国・ワシントンで記者団の取材に応じ、熊本県で震度7を観測した地震について「財務局など関係当局と連携して適切に対応するよう指示した」と述べた。

 黒田総裁は「日本銀行の熊本支店は15日も通常通り営業する」と説明。「(金融機関同士が資金取引に使う決済システムの)日銀ネットも通常通り行われる」と話し、平常通り稼働する見通しを示した。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ