熊本地震、激甚災害指定検討へ 県庁に政府現地本部

 河野太郎防災担当相は15日の記者会見で、熊本県の地震で、同県が求めている激甚災害の早期指定について「現地の情報収集の報告を受けて、必要なら動きたい」と検討を急ぐ考えを示した。

 政府は15日午前、松本文明内閣府副大臣をトップとする現地対策本部を熊本県庁に設置した。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ