岡山から熊本に医療チーム派遣 AMDAと総社市

 国際医療援助団体「AMDA」(岡山市)は15日、熊本地震の被災者治療に当たるため、災害時の連携協定を結んでいる岡山県総社市と合同で医師や看護師、同市職員ら8人のチームを熊本県益城町に派遣した。

 AMDAによると、総社市と合同の緊急支援活動は、東日本大震災や広島市の土砂災害などに続き今回で6例目。医療チームは正午ごろ、粉ミルクや防災食といった生活用品や医療資機材などの救援物資を積んだトラックとワゴン車で総社市役所を出発した。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ