地震、トヨタ全国で生産停止へ 部品供給寸断、各社もめど立たず

 熊本県を中心に相次ぐ地震で、トヨタ自動車は17日、全国の車両組立工場のほとんどで生産を18日から段階的に停止すると発表した。熊本県は部品工場が多く、調達に支障が出る見通しになったため。自動車や電機など多くのメーカーで生産再開のめどが立たず、サプライチェーン(部品の調達・供給網)寸断の悪影響が広がっている。

 トヨタは、14日の地震を受けて15日に停止したトヨタ自動車九州の宮田工場(福岡県宮若市)の生産に関し、18~23日も止めると決定。本社のある愛知県のほか宮城県、岩手県などの工場の生産ラインも19日以降、段階的に停止する。グループの日野自動車、ダイハツ工業も対象となる。

 ドアフレームなどをつくるトヨタ系のアイシン精機の子会社(熊本市)が被災して再開のめどが立たないといい、今回の決定に影響した。

 各工場とも23日まで停止。24日は休業日で、25日以降の対応は20日をめどに判断する。

 三菱自動車も部品調達が滞るとして、18日は軽自動車などを生産する水島製作所(岡山県倉敷市)の操業を一部止め、19日は全面停止する。

 ホンダは二輪車などを生産する熊本製作所(熊本県大津町)の操業を18~22日も休止する。ブリヂストンは工業用ホースを製造する熊本工場(同県玉名市)を再開できない理由として「建物に入れず安全確認に時間がかかっている」(広報)という。

 16日に福岡県苅田町の子会社工場の操業を休止した日産自動車は、18日にいったん生産を再開するが、19日以降は未定という。熊本市で自動車向け半導体を製造するルネサスエレクトロニクスは14日から操業を停止しているが、再開のめどは立っていない。

 三菱電機は熊本県内にある停止中の半導体工場と液晶関連工場の復旧に向け生産ラインを点検している。ソニーは、16日の地震で一部の装置が停止した長崎県諫早市と大分市の画像センサー用などを手掛ける半導体工場の稼働を再開した。熊本県菊陽町の半導体工場は引き続き停止している。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ