野球、横断幕に「九州はひとつ」 福岡で開催のソフトB戦

 熊本と大分の両県に大きな被害をもたらした地震の影響で16日は中止になったプロ野球のソフトバンク―楽天の試合が、17日は予定通り福岡市のヤフオクドームで開催された。3万3千人を超える観客が詰め掛け、スタンドに「がんばろう熊本 九州はひとつ」の横断幕も掲げられた。

 試合前に両軍の選手会長ら計12選手が募金活動を行った。ソフトバンクの主将で大分県出身の内川聖一選手は「被災地の方に野球で元気を届けたいという部分とは、また違うところで何かできるんじゃないかと考えた」と話した。

 東日本大震災で仙台市の自宅が被災したという楽天ファンの会社員、及川純さん(39)は「球場やテレビでプロ野球を見ることが(気持ちの)はけ口になる人がたくさんいる。試合があればファンだって何かしら貢献できることがある」と開催を支持した。

 試合はソフトバンクの吉村裕基選手が九回に同点3ラン、延長十二回にサヨナラ2ランを放ち、9―7で勝利する劇的な展開。31歳のヒーローは「僕らは野球選手なので野球しかできない。でも、それでしっかり勇気を与えることができれば、また応援してもらえると思うので、一生懸命頑張っていきたい」と言葉に力を込めた。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ