益城町真下の断層、確認 甚大被害か、広島大

 16日未明に熊本県内で起きたマグニチュード(M)7・3の地震で、現地調査した広島大の熊原康博准教授(地理学)らが18日、広島大(広島県東広島市)で記者会見し、「布田川断層帯」として知られる活断層と、分岐して熊本県益城町内の真下に延びる断層を地表で確認した、と発表した。この二つの断層が、16日の大地震を引き起こしたと推定している。

 熊原准教授は「活断層の真上に町の中心部があり、非常に大きな被害をもたらした」と話した。

 現地調査のチームには中田高・広島大名誉教授(変動地形学)が加わっている。

 熊原准教授らによると、分岐した断層は、益城町内で東西方向に5キロ程度にわたって地表に現れている。延びた先は、町役場の南約500メートルの地点に当たる。最大で横に1・2メートルずれていた。

 布田川断層帯は、約10キロの範囲で地表に出現。最大で約2メートルずれ動いており、阪神大震災を引き起こした野島断層と同程度だった。

 確認した二つの断層はともに「右横ずれ断層」で、実際は、さらに長い可能性がある。震度7を記録した地震後、15日の調査では確認できず、16日未明の地震後、地表に変化があったという。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ