地震の倒壊アパート、断層の真上 水平方向に1m以上ずれ、熊本

 阿蘇山のカルデラ内に延びているのが確認された「布田川断層帯」が水平方向に少なくとも1メートル以上ずれていることが19日、中田高・広島大名誉教授(変動地形学)らの現地調査で分かった。この断層の真上には東海大の学生が住むアパートを含め多くの建物があり、16日の地震では1階がつぶれたり、傾いたりするなど大きな被害が出た。

 断層は熊本県で16日、マグニチュード(M)7・3の地震を起こした。中田名誉教授らの調査では、断層が阿蘇山のカルデラの中まで延びているのを初めて確認。南阿蘇村はカルデラ内に位置し、断層は阿蘇山に近い北東方向に延びていた。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ