原発停止求め官邸前集会 市民「リスク増やすな」

 九州電力川内原発(鹿児島県)の運転停止を求める市民団体が19日、東京・永田町の首相官邸前で集会を開き、熊本や大分など九州で地震が相次いでいることを踏まえて「これ以上リスクを拡大するな」と声を上げた。

 集会には主催者発表で140人が参加。「想定外は起こる」などと書かれた紙を掲げながら「原発を止めて被災者の不安を少しでも減らすことが政府の役目だ」「被災した九州の人のためにも声を上げよう」と訴えた。

 参加した相模原市の主婦岩沢暁子さん(70)は「九州では地震が続いているのに安全と言い切れるはずがない。今すぐに原発を止めるべきだ」と話した。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ