地震被災地、大雨で終日混乱 22日も捜索見合わせ

 相次ぐ地震で被害の大きかった熊本、大分両県は21日、大荒れの天気となり、局地的に総雨量が100ミリ近くに達した。熊本県では午後3時現在、29万4446人に避難指示・勧告などが出された。土砂崩れの恐れなどから一部の避難所は閉鎖される事態となり、南阿蘇村の不明者捜索は22日も見合わせることになった。政府は来週にも激甚災害に指定し、支援を本格化する方針だが、地震から1週間を迎えた被災地は終日混乱した。

 大雨、洪水、暴風警報が出た南阿蘇村では、小中学校3カ所に設けた避難所のうち150人が身を寄せる1カ所を閉鎖。住民らは隣接する大津町の体育館などに移ったが、町内の企業の施設に行くよう促され、再び移動する「多重避難」を強いられた。体育館には既に避難者がおり、混乱の中、企業側が急きょ受け入れを決めたとみられる。

 熊本市でも避難所の小学校で、グラウンドの斜面が崩落する恐れがあるとして、被災者約400人が数キロ離れた体育館や武道場に移動。自衛隊は救援物資を新しい避難先に運び込んだ。

 最多の犠牲者が出た益城町では21日から、ボランティアの受け入れが始まった。全域に避難勧告が出され、炊き出しが中止となった避難所もあった。町社会福祉協議会によると、志願者の中には活動できずに引き揚げた人もいた。

 熊本県によると、21日午後3時現在で、南阿蘇村のほか、宇土市、阿蘇市、八代市などで避難指示があったほか、県内の広範囲に避難勧告が出された。大分県も由布市に避難勧告が出た。

 29万人の中には、20日以前に出された避難指示・勧告も含まれる。

 地震の死者は48人で安否不明は2人。南阿蘇村では、自衛隊が24時間態勢で安否不明者の捜索活動をしていたが、大雨により、21日未明に中断した。

 熊本市の大西一史市長は21日、避難者を受け入れる仮設住宅を市内に建設する考えを表明した。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ