震災関連死疑い11人に、熊本 車中避難の女性死亡

 熊本県は22日、車中に避難していた阿蘇市の女性(79)が16日に死亡していたと明らかにした。震災関連死の疑いがあり、関連死とみられるケースは計11人となった。

 熊本県などによると、女性は16日午前1時25分に起きたマグニチュード(M)7・3の「本震」後、自宅敷地内に止めた車に避難したが、胸の痛みを訴えて阿蘇市内の病院に搬送された。その後、同日午後に死亡が確認された。

 女性は高血圧を患っていたが処方薬を服用しており、ほかに持病がないことから、県などは震災関連死の疑いがあると判断した。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ