化血研、薬害エイズ原告に謝罪 「生まれ変わる」

 国の承認と異なる方法で血液製剤などを製造していた「化学及血清療法研究所」(化血研、熊本市)の幹部が23日、薬害エイズ訴訟の東京原告団と都内で面会し、宮本誠二理事長は「本当に申し訳なく思っている。二度と不正が起こらないよう、新しい化血研に生まれ変わる」と謝罪した。

 化血研は薬害エイズ訴訟の被告企業の一つ。1996年の和解では安全な医薬品製造を約束しており、宮本理事長は「和解内容を守らずに不正を続けたことは、本当に愚かなことで後悔している」と話した。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ