攻撃型T細胞、細菌が誘引 大腸がんで発見、大阪大

 がんを攻撃する免疫の作用を抑えてしまう「制御性T細胞」と遺伝子の特徴が似ているものの、逆にがんを攻撃し死滅させようとするT細胞があることを、大阪大の坂口志文教授(免疫学)と国立がん研究センター研究所・先端医療開発センターの西川博嘉分野長らのチームが大腸がんで突き止め、26日付の米医学誌ネイチャーメディシン電子版に発表した。

 がんに入り込んだ腸内の細菌が出した、炎症を引き起こすタンパク質(サイトカイン)によって、この攻撃型T細胞が誘導され、病巣に集まっていた。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ