被災野球部員、転校先で出場可能 日本高野連が特例措置

 日本高野連は27日、熊本地震の影響で転校を余儀なくされる野球部員に対し、転校後1年間は試合に出られないという規定の対象外とする特例措置を取ることを決めた。被災した部員は転校先の高校で試合出場が可能となる。大阪市内で開いた理事会で承認された。

 東日本大震災でも同様の措置を取っており、対象地域を定めず、熊本県外から転校する場合にも適用される。竹中雅彦事務局長は「転校する部員には何の落ち度もない。好きな野球を続けてほしい」と説明した。

 熊本、大分を除く45都道府県高野連と日本高野連が集めた義援金を両県の高野連に送ることも決めた。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ