GW前半が行楽日和、後半は雨も 気象情報会社が予報

 気象予報会社「ウェザーニューズ」(千葉市)は28日、ゴールデンウイーク(4月29日~5月8日)の天気予報を発表した。全国的に前半は晴れて行楽日和になる一方、中ごろから後半は雨も降るという。気温は高い日が多く、初夏の陽気になる所もある見込み。

 同社によると、期間中は高気圧や低気圧が交互に列島付近を通過するため、天気は変わりやすい。北日本では4月29、30日、上空に寒気が入り広く雨になる恐れがある。

 5月3、4日は全国的に雨の予想。南西諸島は曇りがちで梅雨入りする可能性もある。

 地震の続く熊本、大分両県では5月2、3日に雨が降るとみられる。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ